パチ系バカ玩具の最近のブログ記事

コスモスの自動販売機とその景品

80年代前半のガチャガチャブームを覚えているでしょうか?
スーパーカー消しゴムやキン肉マン消しゴムを筆頭にいろいろなものが
1回100円のガチャガチャで集められたました。
バンダイが独占していたなかで極めて異端なガチャガチャが
ありました。それがコスモス!!
赤に白抜きのコスモスの文字が眩しかった!!
それがコレです↓
img_0.jpg
それで出てくる景品がコレ↓ひとつあたり1500円以上で取引されるコレクター向け商品です。チョロQのパクリであるチョロカー、機動戦士ガンダムのパクリの宇宙戦士ガンダムやダンガムは最高ですよ。
2-thumb-autox400-314.jpg
ついに売れるなら何でも良いという理念に基づいた
恐ろしい最終兵器の登場です。
いくぶん、早すぎた感じもありますが出してしまいました。
バンダーとガイコツバンク2,000以上.jpg
ガイコツバンクの存在感と魔人バンダーらしき人がいい味出しています。
笑ってますよ!バンダーがっ!!
このスペシャルゴチャ混ぜセットは以外に出現率は低い!!
でも3,000円前後が相場だと思います。
ウルトラマンのパチポリはたくさんこの世にはびこっています。
今回ご紹介するのはウルトラセブンパチポリです。
大きさは30cmくらいのお手製ヘッダーに袋入り状態です。
ソフビを作るよりも遥かに安価でコストがかからないため、駄菓子屋などで
大活躍しました。ただ当時のパチものなので、
なんとも味わい深くコレクターも存在します。
腕と足は可動するのでゴッコするには、バリエーション豊かに遊ぶことができます。
お値段は5,000円くらいは妥当な金額だと思われます。
ウルトラセブン4,000.jpg
さて変わって今度は本家のマルサン商店から出ていたのが
本物のウルトラセブンポリトイ。
2色展開で足裏にはマルサンと円谷マークがあります。
パチより1cmぐらい大きいです。
やはり本物はモールドがしっかりしています。
価格も40,000円ぐらいで取引されるでしょう。
30cmウルトラセブンポリ30000足裏にマルサン、円谷プロ.jpg

ゾンビパーマンとでもいいましょうか?
顔が困ってます。
全身が震えています。
はたまた正体がバレたかミツオ!!
いい造型ですね。
70年代に駄菓子屋さんで売られたいたポリのパーマン1号らしいおもちゃです。
昔だからできるこの造型です。
新たに今作っても、この味はまねできません!!
そして15,000円~20,000円ぐらいならいい値段だと思われます。
発掘してみてはどうでしょう?
パーマン1号15,000.jpg

今回ご紹介するのは、何故か造型が面白すぎて、
本家本元本物より価値が高まってしまったスペクトルマンです。
これこそパチバカ玩具の真髄です。
本物より価値が高まるときこそ、買って良かったと思える瞬間ですね。
パチバカ玩具は結構出回っていない未知なる部分が多すぎて、
初めて出たものには爆発的な値段が付くことがあります。
このスペクトルマンは顔の間抜けさとみょーな存在感と大きさ
すばらしく一万円は出す人が多いと思います。
かわいくないですか?
頭大きくないですか?
一万円以内で買えたらラッキーだと思います。
スペクトルマン43cm10,000.jpg

1971年に放映された「スペクトルマン」は放映中に2回もタイトルが変わった
いわくつきの特撮番組であります。
最初は悪役である宇宙猿人ゴリを冠するタイトル「宇宙猿人ゴリ」でスタートしたが
低視聴率もあり、21話から「宇宙猿人ゴリVSスペクトルマン」へ、
さらには40話からシンプルな「スペクトルマン」に変更されました。
最初から主人公はスペクトルマンなんだからそうしとけば良かったのにと
思う次第であります。
このスペクトルマンはマルヨシという駄玩具中心に作っていたポリトイを
得意とするメーカーで、デラックストイとは大げさですが
手足が可動し、30cm以上あるのでつけた総称でしょうね。スペクトルマン3000(マルヨシ).jpg
ポリとはポリエチレンの略でセルロイドに変わる、今でも使われている
軽くて丈夫な素材です。
本体30cmと大きい割には価格は控えめで4000円以内で買いの一品と
思われます。パチコレクターには入門的な一品です。
マルヨシにゴリまで作る勇気は無かったみたいで、
スペクトルマンのみです。敵と戦わせる場合は本物のマスダヤの怪獣シリーズを
買うしかないでしょう。
スペクトルマンのパチ玩具は多く作られたので価格帯も様々なので、
買い間違えないようにしましょう。


またまたスゴイパチソフビが発掘されました。
見てのとおりの怪傑ライオン丸です。
この定番の世紀の怪獣タグに入った駄玩具王道の
パチソフビです。
本体は28cmほどあって少しスタンダードサイズより
大きい印象です。
まるわかりな雑な感じが最高で
マントの色がファンシー過ぎて原宿系かと思いました。
白い皮膚はいいのですが、
手だけ肌色だー!!
着ぐるみって自分から言っているみたいです。
しかもライオン丸といえば刀なのに
刀付いていないんじゃ寂しくないですか?
それでもコレじつは珍しいんです。
サイズが大きいのもありますが
8,000円以内ぐらいなら買いの一品です。
ライオン丸28cm8,000.jpg


ドラえもんパチ玩具ファニートイカー

映画『スタンドバイミー』が好調なドラえもんですが、
メジャーながら、この世に産み落とされた無版権玩具の数は
聖闘士聖矢の小宇宙コスモが爆発した時の背景にある星の数ほど
あります。中でも今日ご紹介するのはファニートイカーという
全3種類だした子供用のオモチャです。
もちろん生産国は中国製。
そして昨今、世界情勢は良くも無いのに
無責任に掲げた誇らしげなピースが最高です。
ダイナミックミュージックとカラフルライトと
書いてありますが、ドラえもんとは縁もゆかりも無い
アゲアゲな曲ユーロビートがかかり、それを聞いたドラはヘッドフォンで聞き
陶酔しきり、突然変異した体からカラフルに発光し続けます!!
搭乗したワンワンカーのみ動き回りドラえもんは、
微動だにせず世界平和を訴え続けます。

800円以内なら話題作りにも買っても良いんではないでしょうか?
dora5.jpg

昭和40年代に良く見かけたミッキークレンザー。
最初に聞いたときはかわいいディズニー公認の
ミッキーのフィギュアの容器に入った洗剤だと思いました。
しかし実際に見てみると衝撃がはしったので、
馴染みが深いわけではないが、
気になって調べてみました。
製造していたのはミッキークレンザー本舗という正々堂々と実在していた会社でした。
もちろんこのクレンザーを販売する前に会社名は許可されただろうと推測できます。
一番の謎はこの洗剤が世に出たときに版権にうるさいディズニーから、
よくクレームが来なかったのかと!!
しかもよく見てください。ミッキーなのにスカート穿いてまつげとリボンが付いてる。
ミニーですよね、コレ。あと東京ー長野区間の表示が最高にハイってやつですよね。
信じられない、でもソコがまたいいんですよね。
ちなみに相場は中身も入って1,000円くらいが妥当ですね。
手に入れたくなりませんか?
mickey1.jpg
img20051111_1.jpgimg20051111_3.jpgimg20051111_2.jpg

トランスフォーマーロストエイジが公開を明日に控え残念なお知らせです。
無版権できかんしゃトーマスを使ってトランスフォーミングするロボットが
中国圏より飛来しました。
今ではスーパー戦隊のトッキュージャーのロボットのトッキュオーにも酷似していて
面白いです。しかもフツーこの場合5台合体が定石ですがいかんせん中国製の玩具です。
3台で合体します。トーマスをタイムリーに愛する子ども達にとって絶叫パラダイス!!
だって胴体が分割してしまうのです。とても放送できませんね。
でも逆にこーいう玩具を好む我々みたいのもいる訳で・・・・。
部屋に飾れば友達も興味をもって聞いてくれるでしょうね。
話題性は十二分です!!コレクションに加えてください!!
相場は3,000円以内なら買いでしょうね!!
トーマストランスフォーマー3,000.jpg
トーマストランスフォーマー裏.jpg

■月別アーカイブ